公開日: |最終更新日時:

示談交渉がなかなか進まない

示談交渉が進まない場合の理由と対処法をまとめています。

示談交渉がなかなか進まない理由

資力(お金)がないため払えない

ほとんどのドライバーは、事故に備えて自賠責保険に加えて任意保険に加入していますが、中には自賠責保険にしか加入していない人もいます。

加害者側が自賠責保険にしか入っていない場合、任意保険から保険金は支払われず、当事者間での示談交渉となります。

任意保険に加入しない理由の多くは経済的事情ですから、当事者間での示談交渉となっても加害者には賠償金を払うだけの資力がないのが通常です。結果、示談交渉が難航するのです。

保険担当者の対応が悪い

保険会社が支払う保険金の額は、過失割合によって決まります。

被害者側の保険会社は、被害者側の過失割合が少ないほど多額の保険金を支払わなければならないので被害者側の過失を主張する傾向にあります。

しかし被害者側と加害者側の保険会社が同一会社の場合、過失割合の行方は保険会社の損益に影響しません。それゆえこういった場合、保険会社におざなりな対応をされることが少なくないのです。

保険会社が損害賠償金を
減らそうとする

保険金を支払うのは保険会社ですが、保険会社もボランティアではありません。

利益をあげなければならない保険会社は、支払う損害賠償金額を抑えるために、低額での提示になってしまいます。

当然、できるだけ多く請求したい被害者との利害は対立し、示談がなかなか進まないのです。

示談交渉が進まない場合の
解決方法

保険会社のカスタマーセンターに相談

示談交渉がなかなか進まない場合、保険会社のカスタマーセンターに連絡を入れるのも手段です。

担当者名やトラブル内容を相談すると、対処方法を教えてくれたり、担当者に一報入れてくれたりする可能性があります。

ただしカスタマーセンターはあくまでも保険会社に属する機関なので、こちらに有利・有益な情報等を提示してくれることはほとんどありません。期待しすぎない方がよいでしょう。

弁護士に依頼する

そこで、弁護士に依頼するのが得策です。

交通事故事件のほとんどは示談交渉で決着がつきますが、双方言い分があり、揉めて事態がこじれがち。保険会社は保険金を出し渋り、きちんと対応してくれないケースもあります。また相手方が悪質な場合、そもそも交渉に一切に応じてくれないことだってあるのです。

弁護士に依頼すれば交渉を代行してくれますし、相手方も弁護士には強く出るのが難しいもの。弁護士は基本的に依頼者の立場を守るように動いてくれるので、納得のいく解決に繋がる可能性が上がります。

平日夜間・土日の相談OK交通事故に対応する
神戸市内の弁護士事務所
アディーレ
法律事務所

交通事故の案件は後遺障害専任チームが対応

増額事例(11級)
倍率:3.6倍
弁護士依頼前後の金額変遷:
155万→560万

参照元:アディーレ法律事務所交通事故被害救済サイト(https://www.ko2jiko.com/case/327.html)

弁護士法人
リーセット

地元神戸で300件以上の交通事故相談実績あり※2020年5月時点

増額事例(11級)
倍率:4.8倍
弁護士依頼前後の金額変遷:
65万円→315万円

参照元:弁護士法人リーセット公式HP(https://kotsujico-leasset.com/resolution/jirei-11/)

ベリーベスト
法律事務所

重症者の依頼は医療コーディネーターがサポート

増額事例(11級)
倍率:4.1倍
弁護士依頼前後の金額変遷:
65万円→270万円

参照元:ベリーベスト法律事務所神戸オフィス公式HP(https://kobe.vbest.jp/cases/accident/8/)