公開日:|最終更新日時:

交通事故被害で弁護士に頼んだ場合の
費用の目安とは

交通事故について弁護士に相談する際にかかる費用項目や仕組み、目安の金額を説明しています。

弁護士への相談時に
費用がかかる項目

弁護士に依頼した場合、いわゆる「弁護士費用」がかかります。

  • 相談料
  • 着手金
  • 成功報酬

加えて、次のような「実費」も必要です。

  • 交通費
  • 日当
  • 消費税

相談料

弁護士に事件解決を依頼する前に、まずは事故とその後の困っている状況を整理するための「相談」を行います。そこで発生する費用が「相談料」です。
弁護士の時間を使うことになるので基本的には有料ですが、中には「相談無料」を掲げる事務所もあります。

有料の場合、金額は事務所ごとに異なります。多いのは5000円~1万円/30分といった価格帯でしょう。

無料の場合でも、相談だけなら何度でも無料の事務所のほか、交通事故の相談なら無料、最初の相談だけ無料(初回無料)、最初の相談のうち頭の30分だけ無料または(初回30分無料)といった条件を設定している事務所も。
事前に公式サイトなどに掲載の説明を確認しましょう。

着手金

着手金は、事件の結果に関係なく弁護士に支払う報酬です。
もし途中で弁護士を解任したり、結果に不満があったりする場合でも、原則として支払った着手金は返ってきません。

依頼者の正式な依頼(申込み)を受けて(承諾)契約が成立した後、弁護士は法務に取り掛かるタイミングで着手金を受け取ります。

着手金の金額は事務所や案件内容によって設定が異なるため、一概にいくらとは言えません。
また、相談料と同様に着手金無料で対応する事務所もあります。そういったところは成功報酬に同等の金額が含まれる場合がほとんどです。

事故が起きて間もない段階で依頼した場合は、正確な損害額がわからないので、損害の見込み額を割り出し算定します。

成功報酬

交通事故事件における成果、すなわち依頼前の相手側の保険会社が提示していた金額からの増額に成功した場合や、後遺障害の等級獲得・等級アップに成功した場合に発生する費用です。

成功報酬の金額も一律ではありませんが、「増額分の10%」といった設定がされていることが多いでしょう。

日当

弁護士が手続きのために裁判所に出頭した場合や、事故現場に調査に行った場合に支払う費用です。

費用相場は半日(往復2時間を超え4時間まで)で3万円以上5万円以下、1日(往復4時間超)で5万円以上10万円以下です。

実費

弁護士が事務所を離れて移動した際の交通費や切手代、裁判時の印紙代、振込手数料など、他に含まれない費用全般を指します。

消費税

それぞれの金額には消費税もかかります。

2019年より消費税が8%から10%に上がっているので、ご注意ください。

弁護士費用特約を活用すれば
自己負担を減らせることも

弁護士費用特約は、交通事故の損害賠償請求をする目的で弁護士に依頼した場合に、保険会社が依頼者に代わって弁護士費用を負担してくれるものです。

自動車保険や火災保険に付加されている特約で、弁護士費用特約を活用すれば自己負担を大きく減らせることもあります。

弁護士費用特約に対応する弁護士事務所を探しましょう。

弁護士費用特約に
加入してない場合

弁護士費用特約に加入していなくても、費用が全額自己負担になるだけで、弁護士への依頼は可能です。
予想される弁護士費用と、弁護士費用の負担を少しでも減らすための方法をまとめました。

平日夜間・土日の相談OK交通事故に対応する
神戸市内の弁護士事務所
アディーレ
法律事務所

交通事故の案件は後遺障害専任チームが対応

増額事例(11級)
倍率:3.6倍
弁護士依頼前後の金額変遷:
155万→560万

参照元:アディーレ法律事務所交通事故被害救済サイト(https://www.ko2jiko.com/case/327.html)

弁護士法人
リーセット

地元神戸で300件以上の交通事故相談実績あり※2020年5月時点

増額事例(11級)
倍率:4.8倍
弁護士依頼前後の金額変遷:
65万円→315万円

参照元:弁護士法人リーセット公式HP(https://kotsujico-leasset.com/resolution/jirei-11/)

ベリーベスト
法律事務所

重症者の依頼は医療コーディネーターがサポート

増額事例(11級)
倍率:4.1倍
弁護士依頼前後の金額変遷:
65万円→270万円

参照元:ベリーベスト法律事務所神戸オフィス公式HP(https://kobe.vbest.jp/cases/accident/8/)