公開日: |最終更新日時:

交通事故の際に活用できる
弁護士費用特約とは?

交通事故の際に活用できる弁護士費用の特約についてご説明します。

弁護士費用特約とは

弁護士に事件解決を依頼すると、着手金や成功報酬など、少なくない費用が掛かります。

しかし弁護士費用がネックとなり弁護士への依頼を躊躇した結果、交渉が思うように進まず十分な補償を受けられなくなる可能性も。

こうした事態を回避するための制度が「弁護士費用特約」です。

自動車保険や火災保険に付加されている特約で、交通事故の損害賠償請求をする目的で弁護士に依頼した場合に、保険会社が依頼者に代わって弁護士費用を負担してくれます。

保険料の相場はおよそ年間1500円程度。それでいて、最大300万円までの弁護士費用を負担します。

弁護士費用特約の補償内容

法律相談料は10万円まで

交通事故問題についての法律相談料が、1つの交通事故について1名10万円を限度額に補償されます。

弁護士に限らず、司法書士への法律相談料や行政書士の書類作成費用も同様に、1つの交通事故につき1名10万円を限度額として弁護士費用特約で賄うことができます。

事件の依頼関係費用は300万円まで

また「訴訟費用(着手金や報酬金、実費、日当など)」や「事件費用(仲裁・和解・調停の費用、示談交渉や訴訟など)」といった事件の依頼関係費用も、1つの交通事故について1名あたり300万円を限度に補償対象となります。

300万円を超えた分は自己負担となりますが、交通事故事件でそこまでの弁護士費用がかかるのは、余程の大事故か特殊な事情があるケースに限られます。
そのような事故が起こることは稀ですし、万一該当する場合でも、依頼関係費が300万円を超えるような大事故では賠償額も大きくなります。そこから十分支払えるでしょう。

特約でカバーされる項目

特約でカバーされる項目は大きく「弁護士費用等」と「法律相談・書類作成費用」の2つです。

弁護士費用等については以下のものが、1つの交通事故につき、被保険者1名あたり300万円を限度に支払われます。

  • 弁護士・司法書士報酬
  • 訴訟費用
  • 仲裁・和解・調停に要した費用
  • その他権利の保全、行使に必要な手続きをするために要した費用

法律相談・書類作成費用については次の内容について、1つの交通事故につき、被保険者1名あたり10万円を限度に保険会社から支払われます。

  • 弁護士・司法書士への法律相談の費用
  • 司法書士・行政書士への書類作成の費用

弁護士費用特約なら
少ない負担で弁護士に依頼可

弁護士費用特約を使えば、多くのケースでは自己負担なく弁護士に依頼することができます。

まずは加入している保険に弁護士費用特約があるか確認し、特約を利用できる事務所に相談しましょう。

平日夜間・土日の相談OK交通事故に対応する
神戸市内の弁護士事務所
アディーレ
法律事務所

交通事故の案件は後遺障害専任チームが対応

増額事例(11級)
倍率:3.6倍
弁護士依頼前後の金額変遷:
155万→560万

参照元:アディーレ法律事務所交通事故被害救済サイト(https://www.ko2jiko.com/case/327.html)

弁護士法人
リーセット

地元神戸で300件以上の交通事故相談実績あり※2020年5月時点

増額事例(11級)
倍率:4.8倍
弁護士依頼前後の金額変遷:
65万円→315万円

参照元:弁護士法人リーセット公式HP(https://kotsujico-leasset.com/resolution/jirei-11/)

ベリーベスト
法律事務所

重症者の依頼は医療コーディネーターがサポート

増額事例(11級)
倍率:4.1倍
弁護士依頼前後の金額変遷:
65万円→270万円

参照元:ベリーベスト法律事務所神戸オフィス公式HP(https://kobe.vbest.jp/cases/accident/8/)