公開日: |最終更新日時:

弁護士費用特約がない場合の費用目安は?

交通事故に関する弁護士費用特約がない場合の、自己負担となる費用の目安や低額に抑えるための相談先の見つけ方をまとめました。

弁護士費用特約が無くても
依頼はできる?

弁護士特約が無くても、もちろん弁護士への依頼は可能です。

保険会社が提供している「弁護士費用特約」は、経済的事情により弁護士に依頼できない被害者への救済制度。特約を契約する・しないは被保険者の自由です。
弁護士費用特約を含めるとその分の保険料が上がるため、あえて利用していない方もいます。

ただし、弁護士費用特約がない状態で交通事故に遭い、弁護士へ相談・依頼したいと考えた場合は、発生する費用は全額自己負担となります。

自己負担を抑えて
弁護士に依頼する方法

相談料・着手金が無料の
事務所に相談する

弁護士費用特約がなくても自己負担を抑えて相談することはできます。

たとえば、相談料・着手金が無料の弁護士事務所に相談すれば、法務着手までの費用は発生しません。

「無料だから弁護士の質が落ちる」というわけでもありません。
弁護士が増えて市場に対し過剰になっているともいわれる現在、事務所によっては依頼者を増やすために様々な策を講じています。
相談料や着手金を取らないのは、相談のハードルを下げる・他事務所との差別化を図るための法律事務所の戦略の一つです。安心して利用しましょう。

また、ただでさえ交通事故で心身にダメージを負った被害者に寄り添いたいと願って、低額で依頼を受ける弁護士もいます。

とはいえ、中には各金額を無料や低額にするために何かしらの条件が必要な場合も。
弁護士へ相談する前に一度、公式サイトなどで金額と条件を確認してみることをおすすめします。

成果報酬制の事務所に相談する

弁護士事務所の中には「成果報酬制」を採用しているところがあります。

成功報酬制の場合、交通事故事件における成果、つまり「相手側の保険会社が提示した賠償金額からの増額」に成功した場合や、後遺障害の等級獲得・等級アップに成功した場合にのみ、費用が発生します。

その場合、大抵は示談成立後の後払いとなり、獲得した賠償金の中から支払います。
これなら手持ちが心許なくても、安心して相談できますね。

特約がなくても相談可能
費用の少ない事務所を選んで

弁護士特約に入ってなくても、自己負担を抑えて相談することが可能です。

自己負担を抑えて相談するには相談料・着手金無料・成果報酬制を取り入れている事務所に相談しましょう。

平日夜間・土日の相談OK交通事故に対応する
神戸市内の弁護士事務所
アディーレ
法律事務所

交通事故の案件は後遺障害専任チームが対応

増額事例(11級)
倍率:3.6倍
弁護士依頼前後の金額変遷:
155万→560万

参照元:アディーレ法律事務所交通事故被害救済サイト(https://www.ko2jiko.com/case/327.html)

弁護士法人
リーセット

地元神戸で300件以上の交通事故相談実績あり※2020年5月時点

増額事例(11級)
倍率:4.8倍
弁護士依頼前後の金額変遷:
65万円→315万円

参照元:弁護士法人リーセット公式HP(https://kotsujico-leasset.com/resolution/jirei-11/)

ベリーベスト
法律事務所

重症者の依頼は医療コーディネーターがサポート

増額事例(11級)
倍率:4.1倍
弁護士依頼前後の金額変遷:
65万円→270万円

参照元:ベリーベスト法律事務所神戸オフィス公式HP(https://kobe.vbest.jp/cases/accident/8/)