公開日: |最終更新日時:

藤井義継法律事務所

藤井義継法律事務所の交通事故への対応を、事例を中心にご紹介します。

藤井義継法律事務所の特徴

  • 特徴1:ベテラン弁護士と女性弁護士との共同受任

    弁護士経験27年のベテラン弁護士と女性弁護士が共同受任を行い、常に共同受任弁護士の仕事をチェックしながら、より正確に、迅速に交渉の対応を進めていきます。また男性弁護士・女性弁護士のペアになることで角度を変えて解決策を導き出すことができるほか、様々な依頼者の心情に寄り添ったサポートを提供しています。

  • 特徴2:個人事件を主体とする事件処理

    藤井義継法律事務所では個人事件を主体と、依頼者一人一人に応じて迅速丁寧に事件処理をすることを心がけています。また、加害者からの事件も受任しているため、加害者がどのような策に出るのか想定をしたうえで、交渉を進めていくことができます。

藤井義継法律事務所の
交通事故の示談事例

事例1:不利な状況から逆転

弁護士依頼前の提示金額 0円
弁護士交渉後の金額 550万円
増額金額 550万円
怪我の等級と内容 人身9級10号
高次脳機能障害

事故の内容

優先道路へのオートバイの飛び出し事故。
優先車両への進路妨害をしてしまった依頼者に対し、直進の優先道路に対する右折の飛び出し事故として処理され、保険会社からも基本的な割合表に基づき過失割合8対2で処理された。

相談内容

保険会社は「直進と右折の場合の過失割合は8対2」という一般的な基準を強く主張。これをもとに損害賠償額を算出した。
しかし割合と金額に納得がいかず、弁護士に相談。

弁護士が対応した内容

全ての事件が一概に8:2の過失割合になるわけではないので、事実をもとに調査。
割合の変動の余地ありと判断し、訴訟を提起した。

正当な主張を行うことで、まずは高次脳機能障害の認定を獲得。
さらに過失割合を7割に抑えて被害者に有利にすることができ、保険金の増額ができた。

参照元:藤井義継法律事務所 交通事故相談(https://www.fujii-law.net/jiko/jirei/index.html)

事例2:時効を阻止し、提示額から大幅増額

弁護士依頼前の提示金額 800万円
弁護士交渉後の金額 2500万円
増額金額 1700万円
怪我の等級と内容 併合10級

事故の内容

単車で交通事故に遭った。
足を負傷し、併合10級の後遺障害が認定されてから3年経っている。

相談内容

事故から時間が経っていたため、時効を気にして弁護士に相談。

弁護士が対応した内容

消滅時効完成阻止のため、すぐに内容証明郵便を送付。その後、訴訟を提起した。
主に慰謝料と逸失利益の金額が争点に。
後遺障害が重く、さらに事故から9年の月日が経っていたため損害金が45%付された他、金利や弁護士費用が付加され、最終的に3800万円を獲得した。

参照元:弁護士ドットコム(https://www.bengo4.com/hyogo/a_28100/g_28110/l_107736/#pro2_case)

藤井義継法律事務所の
弁護士費用

弁護士費用特約がある場合

相談料:無料

成功報酬:以下の通り

  • 回収見込み額が300万円以下:
    着手金として22万円~、成果報酬として回収額の17.6%
  • 回収見込み額が300万円以上3000万円以下:
    着手金として回収額5.5%、成果報酬として回収額の11%+19万8,000円
  • 回収見込み額が3000万円以上:
    着手金として回収額の3.3%+75万9,000円、成果報酬として回収額の6.6%+151万8,000円

弁護士特約がない場合

相談料:無料

成功報酬:着手金22万円+獲得額の11%

※後遺障害がとれない軽微事案の成果報酬は11万円+獲得額の11%

藤井義継法律事務所に
在籍している弁護士(代表)

  • 名前

    藤井 義継

  • 所属

    兵庫県弁護士会

  • 経歴

    平成16年度 兵庫県弁護士会副会長

    日本弁護士連合会民事介入暴力対策委員会委員・幹事
    兵庫県弁護士会民事介入暴力委員会委員長
    財団法人暴力団追放兵庫県民センター暴力追放相談委員
    神戸青年会議所理事

  • プロフィール

    交通事故や不動産トラブル、暴力事件等の特殊な案件も多数解決してきた実績と経験があります。暴力団などの被害にあった方々の代理人を務めるなど、多くの事件を取り扱っている弁護士です。

藤井義継法律事務所の
事務所情報

所在地 兵庫県神戸市中央区中町通2丁目1番18号 JR神戸駅NKビル11階
営業時間/定休日 月曜〜金曜日 9:00~19:00
土曜日 9:00~12:00/日祝日定休
出張相談の有無 なし

まとめ

被害者が一人で示談交渉を行った場合、保険会社の言いなりの金額で不満の残るケースが多く見られます。
弁護士の専門的な知識を利用すれば、示談金を引き上げるための交渉が可能なほか、適正な等級を獲得するための対応を行ってくれます。
平日夜間・土日でも相談ができる、神戸市内の弁護士事務所を紹介しているのでチェックしてみてください。

平日夜間・土日の相談OK交通事故に対応する
神戸市内の弁護士事務所
アディーレ
法律事務所

交通事故の案件は後遺障害専任チームが対応

増額事例(11級)
倍率:3.6倍
弁護士依頼前後の金額変遷:
155万→560万

参照元:アディーレ法律事務所交通事故被害救済サイト(https://www.ko2jiko.com/case/327.html)

弁護士法人
リーセット

地元神戸で300件以上の交通事故相談実績あり※2020年5月時点

増額事例(11級)
倍率:4.8倍
弁護士依頼前後の金額変遷:
65万円→315万円

参照元:弁護士法人リーセット公式HP(https://kotsujico-leasset.com/resolution/jirei-11/)

ベリーベスト
法律事務所

重症者の依頼は医療コーディネーターがサポート

増額事例(11級)
倍率:4.1倍
弁護士依頼前後の金額変遷:
65万円→270万円

参照元:ベリーベスト法律事務所神戸オフィス公式HP(https://kobe.vbest.jp/cases/accident/8/)