公開日: |最終更新日時:

神戸AI法律事務所

神戸AI法律事務所の交通事故への対応について、事例を中心にご紹介します。

神戸AI法律事務所の特徴

  • 特徴1:保険会社を顧問していた事務所の所属経験を持つ弁護士が在籍

    神戸AI法律事務所に所属する弁護士には、保険会社を顧問先に抱えている事務所に所属していた方が在籍しています。また、交通事故を中心に保険事案を取り扱っていたとのこと。過去の経験をもとに最善の手を尽くしてくれるでしょう。

  • 特徴2:遅めの時間まで対応

    依頼相談をする方の多くが、仕事や家事などで日中のスケジュールを空けづらい方という考えのもと、10時~20時までの時間で相談を受け付けています。依頼者のことを考えているからこその、配慮だといえるので、相談にも親身になって対応してくれるでしょう。

神戸AI法律事務所の
交通事故の示談事例

事例1:自転車に激突された事例

取得金額:1,050万円

事故の内容

自転車の激突により右足を骨折された事例で、治療の必要性を訴えられていたが、事故から1年2カ月経過後、加害者側の保険会社より一方的に治療費の支払いが止められた。

相談内容

相談者の方はご主人の経営する会社を手伝いながら主婦業をされている方で、休業補償として主婦としての稼働が認められないとされた。

しかし、家族構成や居住地の状況などから主婦業実態があると主張。

弁護士が対応した内容

加害者側の弁護士が主張を認めないため訴訟に発展。訴訟では相手側は過失相殺の主張もしてきたものの、尋問により相手側の不注意を指摘。

依頼者の主張を裁判所に認めてもらうことができ、1,086万円のしはらいのもとめに最終的に1,050万円を勝ち取ることができた。

参照元:神戸AI法律事務所HP(https://ailaw.jp/exmple/)

事例2:高速道路事故の事例

取得金額:4,330万円

事故の内容

高速道路で事故となり事故後ただちに入院し、寝たきりとなった。

相談内容

事故後は水分も取れない状態が3カ月続き、手術を受けて車椅子での生活となった。このことは精神的なことが理由と診断され、相手側が事故によるものではなく、精神的に弱いからと指摘。

また車椅子生活になったのは必要のない手術を行ったからだと主張。

弁護士が対応した内容

上記主張から最初の病院での治療費と慰謝料程度しか支払う意思はないと主張されたが、主治医と面談するなどして具体的な内容を立証していき、裁判所から加害者に対して依頼者の請求額の全額である4,330万円をしはらうよう命ずる判決を勝ち取った。

参照元:神戸AI法律事務所HP(https://ailaw.jp/exmple/)

事例3:後遺障害が残存した事例

取得金額:1,330万円

事故の内容

事故により肩関節が脱臼しやすくなるという後遺障害が残った

相談内容

後遺障害が残ったのにも関わらず、相手側は既往症である旨、また依頼者側に40%の過失がある旨を主張してきた。

弁護士が対応した内容

上記裁判で争った結果、依頼社の過失は10%に過ぎず、また依頼社には事故の5年以上前に脱臼の既往症があるが、反復性脱臼の既往などないことを立証できたことから、裁判所から依頼者の請求額の全額(1,330万円)のしはらいを命ずる判決を勝ち取った。

参照元:神戸AI法律事務所HP(https://ailaw.jp/exmple/)

神戸AI法律事務所の
弁護士費用

弁護士費用特約がある場合

相談料:30分ごとに5,500円

成功報酬:以下の通り

  • 300万円以下:請求額8×.64%か110,000円のいずれか高い額
  • ~3,000万円以下:請求額×5.4%か9万9,000円のいずれか高い額
  • ~3億円以下:請求額×3.24%か74万5,200円のいずれか高い額
  • 3億円超:請求額×2.16%か398万5,200円のいずれか高い額

弁護士特約がない場合

web上に記載がありませんでした。

神戸AI法律事務所の
在籍している弁護士(代表)

  • 名前

    林 亜衣子

  • 所属

    兵庫県弁護士会

  • 経歴

    平成 5年 3月 兵庫県立長田高等学校卒業
    平成 9年 3月 大阪大学法学部卒業
    平成10年10月 司法試験第二次試験合格
    平成11年 4月 最高裁判所司法研修所入所(53期)
    平成12年10月 兵庫県弁護士会にて弁護士登録
             三宮法律事務所にて執務開始
    平成21年 1月 神戸AI法律事務所開業

  • プロフィール

    女性の弁護士ということもあり、男性弁護士には相談しづらいという女性依頼者の依頼を多数こなしています。法律のことはもちろんですが、依頼者との信頼関係を大切にしている弁護士です。

    法律の事はもちろんですが、ご依頼いただいた方との信頼関係も大切にしております。

神戸AI法律事務所の
事務所情報

所在地 神戸市中央区楠町6-2-6 ハーバースカイビル6階
営業時間/定休日 10時〜20時
【定休日】土・日・祝
出張相談の有無 なし

まとめ

交通事故に詳しい弁護士に相談をすることで示談の金額や内容に不安を解決できる可能性があります。弁護士に依頼をすれば、専門知識を元に示談金引き上げの交渉が可能なほか、適正な等級を獲得するための申請をすることができます。平日夜間・土日でも相談ができる、神戸市内の弁護士事務所を紹介しているのでチェックしてみてください。

平日夜間・土日の相談OK交通事故に対応する
神戸市内の弁護士事務所
アディーレ
法律事務所

交通事故の案件は後遺障害専任チームが対応

増額事例(11級)
倍率:3.6倍
弁護士依頼前後の金額変遷:
155万→560万

参照元:アディーレ法律事務所交通事故被害救済サイト(https://www.ko2jiko.com/case/327.html)

弁護士法人
リーセット

地元神戸で300件以上の交通事故相談実績あり※2020年5月時点

増額事例(11級)
倍率:4.8倍
弁護士依頼前後の金額変遷:
65万円→315万円

参照元:弁護士法人リーセット公式HP(https://kotsujico-leasset.com/resolution/jirei-11/)

ベリーベスト
法律事務所

重症者の依頼は医療コーディネーターがサポート

増額事例(11級)
倍率:4.1倍
弁護士依頼前後の金額変遷:
65万円→270万円

参照元:ベリーベスト法律事務所神戸オフィス公式HP(https://kobe.vbest.jp/cases/accident/8/)