公開日: |最終更新日時:

法律事務所 絆

法律事務所 絆の交通事故への対応を、事例を中心にご紹介します。

法律事務所 絆の
事務所の特徴

  • 特徴1:交通事故事件を扱って38年の実績

    代表弁護士は38年のキャリアを積む中で約20年間、加害者側で交通事故事件を扱っていたほか、弁護士になる以前に損保会社へ5年勤務していた経験があります(2020年5月現在)。多くの交通事故の事件を扱ったこの経験から、加害者側の保険会社がどのようなことを主張してくるのかなどを熟知した上で交渉を進めることができます。

  • 特徴2:複数の弁護士によるサポート対応

    法律事務所 絆では基本的に初回相談から2名体制でサポートをしています。
    1名では他の事件で連絡が取りにくいことや、手続きに時間がかかってしまうことも。そこで2名体制とし、よりきめ細やかな対応を提供しています。

法律事務所 絆の
交通事故の示談事例

事例1:398万円の損害賠償金を得る

弁護士依頼前の提示金額 webページに記載なし
弁護士交渉後の金額 398万
増額金額 詳細不明
怪我の等級と内容 後遺障害14級非該当
頸椎ねん挫・腰椎ねん挫

事故の内容

娘が運転する車に母親が同乗していたが、後方から来た車に衝突され、母・娘いずれも首と腰を痛める。
頸椎ねん挫と腰椎ねん挫の診断を受けた。

相談内容

交通事故から半年経過した後も腰と首の痛みが取れず、整骨院と整形外科に継続通院して治療中。
後遺症も残っている中で、相手側との示談交渉が始まったので、弁護士のアドバイスを受けておきたいと相談に来所。

弁護士が対応した内容

相手側の保険会社と損害賠償金の交渉を行った。
2人の首と腰が症状固定した頃、保険会社は非常に安い損害賠償金を提示。
その金額では訴訟するしかないと伝えたところ、2人が納得できる金額に近い賠償金を再提示。

交渉により、慰謝料や治療費等を含めた398万円の賠償金で解決。訴訟に進まず、示談交渉による和解となった。

参照元:法律事務所 絆公式HP(https://00m.in/stiyv)

事例2:2220万円の賠償金増額

弁護士依頼前の提示金額 100万円
弁護士交渉後の金額 2320万
増額金額 2220万円
怪我の内容と等級 死亡事故

事故の内容

散歩をするくらい歩行可能な90代の男性が歩行中に、道路を横切ったために自動車にはねられ死亡した事故。
事故減は片側1車線しかない道路で、男性は横断歩道ではない道路を渡ろうとして死亡事故になった。

相談内容

保険会社は、被害者が90代と高齢であり逸失利益は存在しないと主張。賠償金として100万という、死亡事故にしては低い金額を提示。
それに対し、遺族は損害賠償の相談に訪れた。

弁護士が対応した内容

遺族から話を聞き、被害者の男性が自営業の仕事を手伝っていたことを確認。保険会社に逸失利益を主張した。

横断歩道ではない道路だったため被害者側の過失15%となったが、逸失利益などを計上した2170万円で解決した。

参照元:法律事務所 絆公式HP(lo-kizuna-kobe.com/koutsujiko/case-jiko/11/)

法律事務所 絆の
弁護士費用

弁護士費用特約がある場合

相談料:30分5,500円

成功報酬:相手方に任意保険がついている場合は以下の通り

  • 保険会社から提示のあった後に受任の場合:
    保険会社の提示額から増額した額の22%
  • 保険会社から提示前に受任した場合:
    最終的に支払いを受けた額の11%
  • 自賠責保険金を請求した場合:
    自賠責保険金の2.2%

弁護士特約がない場合

相談料:Web上に掲載がありませんでした

成功報酬:一般訴訟事件の基準

法律事務所 絆の
在籍している弁護士(代表)

  • 名前

    田中 秀雄

  • 所属

    兵庫県弁護士会

  • 経歴

    1993年 神戸弁護士会(現兵庫県弁護士会)副会長就任
    兵庫県弁護士会 司法問題対策委員会委員
    近弁連 司法問題対策委員会委員
    日弁連 裁判官制度改革本部・地域司法計画推進本部委員

    1995年~2014年3月
    神戸簡易裁判所民事調停委員

  • プロフィール

    大学卒業後にすぐ弁護士の道についたのではなく、損害保険会社での職務歴があるため、保険会社ことも知り尽くしています。その経験を活かし困った人を助けるべく、相談者との出会いを大切に「 初心忘れるべからず」をモットーに正義をもって仕事に精進し邁進しています。

法律事務所 絆の
事務所情報

所在地 神戸市中央区中町通2丁目3番2号 三共神戸ツインビル11階
営業時間/定休日 平日9:00~19:00
土曜9:00~17:00/日・祝日定休
※平日の夜間、日祝日は相談に応ずる
出張相談の有無 なし

まとめ

示談の金額や内容に不満をいただいている場合は、交通事故に詳しい弁護士への依頼がおすすめです。
弁護士に依頼をすることで、示談金が増額できるほか、等級の認定をもらえることも。
神戸市内の弁護士事務所のうち平日夜間・土日でも相談ができる事務所を紹介しているのでチェックしてみてください。

平日夜間・土日の相談OK交通事故に対応する
神戸市内の弁護士事務所
アディーレ
法律事務所

交通事故の案件は後遺障害専任チームが対応

増額事例(11級)
倍率:3.6倍
弁護士依頼前後の金額変遷:
155万→560万

参照元:アディーレ法律事務所交通事故被害救済サイト(https://www.ko2jiko.com/case/327.html)

弁護士法人
リーセット

地元神戸で300件以上の交通事故相談実績あり※2020年5月時点

増額事例(11級)
倍率:4.8倍
弁護士依頼前後の金額変遷:
65万円→315万円

参照元:弁護士法人リーセット公式HP(https://kotsujico-leasset.com/resolution/jirei-11/)

ベリーベスト
法律事務所

重症者の依頼は医療コーディネーターがサポート

増額事例(11級)
倍率:4.1倍
弁護士依頼前後の金額変遷:
65万円→270万円

参照元:ベリーベスト法律事務所神戸オフィス公式HP(https://kobe.vbest.jp/cases/accident/8/)