公開日: |最終更新日時:

サリュ

神戸の弁護士法人「サリュ」の交通事故への対応を、事例を中心にご紹介します。

サリュの事務所の特徴

  • 特徴1:相談料・着手金0円

    サリュでは、決着がつき賠償金を獲得するまで無料で相談ができます。無料相談を実施する背景として、サリュの創業者が前身の法律事務所を立ち上げた際に感じた、「一般の方が困ったときに気軽に相談できるように」という想いからスタート。無料相談を集客ツールではなく、弁護士としての役目を果たすために設けています。

  • 特徴2:リーガルスタッフシステムでスピーディな対応

    弁護士だけで相談者に対応するのではなく、リーガルスタッフと一緒に案件を務めます。リーガルスタッフがいることにより、相談者はスピーディーな応対を受けることが可能。多忙な弁護士に代わり、少しでも心配なことがあればすぐにリーガルスタッフへ相談ができるでしょう。

  • 特徴3:弁護士と医師との連携

    交通事故に詳しく経験豊富な弁護士と顧問医師が在籍しているため、怪我の等級について適切な申し立てを行うことができます。顧問医師の取り組みとしては、交通事故被害者の症状や訴えを弁護士やリーガルスタッフからヒアリング。ケースによってはすべき検査がされていないこともあるため、見逃しを防ぐ重要な役割を担っています。

  • 特徴4:緻密かつ粘り強い証拠収集して対応

    サリュでは、相手が無保険車であっても正当な賠償を行うために全力を尽くしてくれます。正当な行為障害等級認定にこだわり、リーガルスタッフが事実を詳しく聴取を実施。法的に有利な証拠として使えるかどうか、じっくり吟味することで法的サポートの高品質を実現しているので、頼もしい味方となってくれる事務所だといえるでしょう。

  • 特徴5:信頼関係を生み出す丁寧な対応

    サリュは丁寧な対応が特徴の一つ。以前には玉突き事故に巻き込まれた2台のタクシー運転手さんが相談に訪れ、弁護士の説明が終わり退出するときにも「〇〇さんの電話対応が素晴らしかった」と念を押すようにリーガルスタッフの名前を話してくれたようです。サリュは初回の電話から丁寧に対応しており、相談者との信頼関係を生み出しています。

  • 特徴6:チームで戦う強さを持っている

    サリュは弁護士とリーガルスタッフがタッグを組み問題解決に取り組みます。裁判所に提出する書面も、リーガルスタッフが第一稿を作成し最終的なチェックを弁護士が行っています。リーガルスタッフが相談者と丁寧に連絡を取り、弁護士とともに書面の作成にかかわっているのです。そのため、充実した主張が可能となっています。

サリュの交通事故の示談事例

事例1:376万円もの賠償金増額

弁護士依頼前の提示金額 224万円
弁護士交渉後の金額 600万円
増額金額 376万円
怪我の等級と内容 12級5号
右鎖骨変形 

事故の内容

被害者は青信号で直進していたところ、信号無視をしてきた自動車に衝突される。その衝撃でアパートの外壁に突っ込む大事故に。
右鎖骨骨幹部を骨折し、治療・リハビリと5ヶ月間の休業を余儀なくされ、仕事も生活も厳しい状況になった。

相談内容

治療に1年以上要し、鎖骨変形と痛みが残り症状固定と診断。事前認定という手続をした後に、12級5号が認められた。
保険会社から「224万円なら支払える」と提案されたが、この金額が妥当か判断してほしいと弁護士に相談。

弁護士が対応した内容

保険会社の提示金額は、自賠責保険から支払われる後遺障害等級12級の最低保障額だと被害者に説明したところ、示談交渉を依頼された。

治療経過と収入状況、さらに日常生活における支障について精査し、適切と思われる金額を再設定して交渉。
隙のない資料を用意したことにより交渉は円滑に進み、提示額の約2.6倍で示談が成立した。

参照元:弁護士法人サリュ交通事故相談(http://koutsujikopro.com/case/page/9/)

事例2:死亡事故の賠償金を丁寧な検証で増額

弁護士依頼前の提示金額 2900万円
弁護士交渉後の金額 4300万円
増額金額 1400万円
怪我の内容と等級 等級不明
急性硬膜下血腫により死亡

事故の内容

ご主人が車にはねられて亡くなった。

相談内容

相手方保険会社から自賠責保険金の相当金額という示談提示を受けたが、内容も妥当性もわからなかった。
県内弁護士にも相談したところそれで和解することを勧められ、納得できずにいたので弁護士に相談。

弁護士が対応した内容

まずは損害の全額相当の補償を受けるため、人身傷害保険金を受け取ってから賠償を受けるよう提案。

裁判では、亡くなったご主人(高齢)が一家の大黒柱だったことを株式の配当から主張し、慰謝料などの算定でもその旨考慮された。
さらにご主人の過失も加害者側の主張より低いという和解案を経て和解。

最終的に、人身傷害保険からの給付額を含めて約4300万円を受け取ることができた。

参照元:弁護士法人サリュ交通事故相談(http://koutsujikopro.com/case/page/34/)

事例3:1025万円もの賠償金増額

弁護士依頼前の提示金額 75万円
弁護士交渉後の金額 1100万円
増額金額 1025万円
怪我の等級と内容 14級9号 後遺障害

事故の内容

歩行中に自転車に衝突され、右脛骨の高原骨折の傷害を負われた。

相談内容

大きなけがをした相談者に対し相手方保険会社はいまだ治療中でどれほど治るかわからないにもかかわらず、最終的に約75万円のしはらいになる見込みと伝えるなど誠意ある対応をしなかった。

弁護士が対応した内容

講師障害認定申請をし、右ひざの痛みについて14級9号が認定。ケガの状況から妥当な等級ではないと判断し、即座に異議申し立ての手続きを行い骨折痕について指摘した。結果12級7号の等級を獲得することができ、その後示談交渉を行い賠償金早く1,100万円となった。
参照元:サリュ公式HP(https://koutsujikopro.com/case/)

サリュの弁護士費用

弁護士費用特約がある場合

相談料:無料

成功報酬:Web上に記載がありませんでした。

弁護士特約がない場合

相談料:無料

成功報酬:以下の通り

  • 示談交渉プラン:
    獲得金額の8.8%+16万5,000円
  • 示談交渉・後遺障害申請セットプラン:
    獲得金額の8.8%+22万円
  • 示談交渉・14級9号サポートセットプラン:
    獲得金額の14.3%+22万円

サリュに在籍している弁護士(代表)

  • 名前

    梅澤 匠

  • 所属

    兵庫県弁護士会

  • 経歴

    明治大学付属中野高等学校卒業
    明治大学法学部中退
    同志社大学司法研究科修了
     

  • プロフィール

    元大阪弁護士会、交通事故員会、憲法問題特別委員会に所属し、実績豊富な弁護士です。
    交通事故以外では、相続や遺産分割、離婚や自己破産、任意整理等も行っています。

サリュの事務所情報

所在地 兵庫県神戸市中央区浪花町59 神戸朝日ビル11階
営業時間/定休日 10:00~17:00/土日・ 祝日定休
※平日夜間と土日祝日は相談内容によるため要問い合せ
出張相談の有無 webページに記載がありませんでした。

まとめ

相手の保険会社から提示された示談金額や内容に不満が残る場合は弁護士に相談することをおすすめします。
交通事故に関する知識を豊富に持った弁護士に交渉を任せることで、示談金額の増額や正しい等級認定を受けられる可能性が高まります。
平日夜間・土日でも相談ができる、神戸市内の弁護士事務所を紹介しているのでチェックしてみてください。

平日夜間・土日の相談OK交通事故に対応する
神戸市内の弁護士事務所
アディーレ
法律事務所

交通事故の案件は後遺障害専任チームが対応

増額事例(11級)
倍率:3.6倍
弁護士依頼前後の金額変遷:
155万→560万

参照元:アディーレ法律事務所交通事故被害救済サイト(https://www.ko2jiko.com/case/327.html)

弁護士法人
リーセット

地元神戸で300件以上の交通事故相談実績あり※2020年5月時点

増額事例(11級)
倍率:4.8倍
弁護士依頼前後の金額変遷:
65万円→315万円

参照元:弁護士法人リーセット公式HP(https://kotsujico-leasset.com/resolution/jirei-11/)

ベリーベスト
法律事務所

重症者の依頼は医療コーディネーターがサポート

増額事例(11級)
倍率:4.1倍
弁護士依頼前後の金額変遷:
65万円→270万円

参照元:ベリーベスト法律事務所神戸オフィス公式HP(https://kobe.vbest.jp/cases/accident/8/)