公開日: |最終更新日時:

ベリーベスト法律事務所

ベリーベスト法律事務所の交通事故への対応を、事例を中心にご紹介します。

ベリーベスト法律事務所の
特徴

  • 特徴1:所属弁護士220名以上

    グループ内に弁護士200名以上が在籍し、交通事故・債務整理・外国人のビザ申請など、様々な法律問題に対応している事務所です(2020年5月時点)。年齢層も幅広く、シニア級の弁護士だけではなく若手の弁護士も多く在籍しています。
    「弁護士=敷居が高い」というイメージを変え、気軽に相談しやすい雰囲気作りを心掛けております。

  • 特徴2:後遺障害認定手続きの手厚いサポート

    後遺障害認定手続きの被害者請求は書面のみの審査となるため、申請書類に不備不足がないか、被害者に代わり弁護士が検討します。また、高次脳機能障害や脊髄損傷などの重症の事案では「医療コーディネーター」(医療に関する専門スタッフ)がついて、治療中からサポートしています。

  • 特徴3:「交通事故専門チーム」が対応

    弁護士の在籍人数が多いベリーベスト法律事務所では、分野ごとに分かれた専門チームを編成しています。
    交通事故の場合は「交通事故専門チーム」が対応し、勉強会で共有された多くの事例と、蓄積されたノウハウを元に、より満足のいく解決に導きます。

  • 特徴4:初回相談・着手金無料

    ベリーベスト法律事務所は初回相談料、着手金0円となっています。実際に弁護士が交渉し、成功したときに成功報酬の一部を報酬として支払えばOKですので、実質手元から出るお金がないという意味では、お願いしやすいといえるでしょう。
    というのも、交通事故は事故が発生してから期間がかかってから交渉を始めても、事故に遭った方の記憶が曖昧になってしまい、交渉をうまく進められないケースも少なくありません。
    事故当初は元手がなく、お金を用意するまでの間に記憶が薄れてしまい、交渉がうまくいかなかったとあっては、折角集めたお金も無駄になってしまいます。そのため、初回相談・着手金無料はありがたいといえます。

  • 特徴5:全国展開している

    ベリーベスト法律事務所は北海道から九州まで、全国に37拠点を展開しており、首都圏が多いとはいえ北から南まで全国の相談に対応可能となっています。事故に遭われたときは、最寄りのオフィスに相談してみるとよいでしょう。
    法律の相談は、どの法律事務所に相談したかによって結果が変わることは珍しくありません。ベリーベスト法律事務所のようにオフィスを全国展開しており、交通事故専門のチームを有している法律事務所を利用することで、安定した結果を期待できるでしょう。

  • 特徴6:過失割合も適性に算出可能

    交通事故が起こると警察が過失割合を計算し、保険会社を利用している場合は、過失割合に応じて相手方に支払いがなされます。過失割合は事故態様に基づいて算定されますが、過失割合について事故の当事者は納得いかないこともあるでしょう。
    ベリーベスト法律事務所では、どうしても過失割合に納得がいかないという方に向けた方への悩みにも対応してくれます。過失割合について客観的な証拠を収集し、保全した資料を提出することで、事故態様について適切な主張をしてくれるのです。
    交通事故に関する経験をもった弁護士は、過去の裁判例などから、過失割合に関する主張・立証のためのポイントを熟知しているため、安心感を持って任せられるといえるでしょう。

  • 特徴7:倍賞額を高額アップした事例も多数

    ベリーベスト法律事務所では交通事故を要因とした事故の法律相談に対し、賠償額を高額にアップさせた事例が多くあります。
    具体的には、治療中における医師とのコミュニケーションや後遺障害診断書等の資料作成のサポートを行っており、これに基づいて等級の認定を受け、適切な示談金を受け取れるようサポートしてくれます。

ベリーベスト法律事務所の
交通事故の示談事例

事例1:1,734万円の損害賠償を獲得した

弁護士依頼前の提示金額 記載なし
弁護士交渉後の金額 1734万円
増額金額 約50%増
怪我の等級と内容 併合9級
右足背肥厚性瘢痕、右足背挫滅創、右中指趾骨骨折、右小指中足骨骨折、右環指趾伸筋腱断裂、右小指趾伸筋腱断裂、右足背皮膚欠損創、右足背皮膚潰瘍

事故の内容

横断歩道を渡っていた時に、右から来た車に轢かれ、右足を負傷。
骨折の他に、じん帯や腱の一部切断のため、皮膚移植をはじめ数度の手術と1ヶ月以上に及ぶ入院生活が必要となった。
歩けるまで回復はしたが、右足に大きな傷跡と可動域制限の後遺症が残った。

相談内容

重傷を負ったため、後遺障害等級の認定と、相手方の保険会社に対する損害賠償請求を弁護士に交渉して欲しいと相談。

弁護士が対応した内容

等級申請で併合9級が認定され、保険金616万円を早期に獲得。
逸失利益が最大の争点となったが、被害者の持つ資格や実際の日給を元に計算し直した結果、相手の提示額以上の後遺障害逸失利益を算出することができ、300万円の増額に。

参照元:ベリーベスト法律事務所 交通事故専門チームの弁護士相談(https://www.koutsujiko.jp/case/p211/)

事例2:T字路の交差点で衝突され、2123万円の損害賠償を獲得した

弁護士依頼前の提示金額 58万円
弁護士交渉後の金額 2123万円
増額金額 2064万円
怪我の等級と内容 8級相当
第1腰椎圧迫骨折、第3腰椎圧迫骨折

事故の内容

黄色の点滅信号で走行していた際に、T字路の交差点で左側から赤色点滅信号で右折してきた車に衝突されて受傷し、第1腰椎圧迫骨折と第3腰椎圧迫骨折の診断がついた。
歩行困難と仕事にも支障が出るほどになった。

相談内容

衝突事故によって歩行困難と仕事への支障をきたしたのに、保険会社からは納得いかない過失割合を提示された。
そのため不信感を抱いたため相談。

弁護士が対応した内容

まず後遺障害の申請をおこない、等級8級相当の認定を受けた。
相手側の保険会社は被害者が高齢であることを理由に定額の逸失利益を主張したが、被害者にヒアリングした当初の将来設計などを材料に交渉を続け、当初の金額より2000万円以上増額して示談を成立させた。

参照元:ベリーベスト法律事務所 交通事故専門チームの弁護士相談(https://www.koutsujiko.jp/case/p220/)

ベリーベスト法律事務所の
弁護士費用

弁護士費用特約がある場合

相談料:1時間まで1万1,000円

着手金:以下の通り

  • 請求額が125万円以下:
    11万円
  • 請求額が125万円~300万円以下:
    請求額の8.8%
  • 請求額が300万円~3000万円以下:
    請求額の5.5%+9万9,000円
  • 請求額が3000万円~3億円以下:
    請求額の3.3%+75万9,000円
  • 請求額が3億円以上:
    請求額の2.2%+405万9,000円

成功報酬:以下の通り

  • 回収見込み額が300万円以下:
    回収額の17.6%
  • 回収見込み額が300万円以上3000万円以下:
    回収額の11%+19万8,000円
  • 回収見込み額が3000万円以上、3億円以下:
    回収額の6.6%+151万8,000円
  • 回収見込み額が3億円以上:
    回収額の4.4%+811万8,000円

※弁護士費用特約の限度額の範囲内であれば依頼者の負担はなし(最大300万円まで弁護士費用が補償)

弁護士特約がない場合

相談料:無料

着手金:無料

成功報酬:回収額の11%+22万円

ベリーベスト法律事務所に
在籍している弁護士(代表)

  • 名前

    和澤 晋平

  • 所属

    兵庫県弁護士会

  • 経歴

    2003年03月 大阪府立北野高等学校 卒業
    2008年03月 京都大学法学部 卒業
    2010年03月 同志社大学法科大学院 修了
    2011年09月 新司法試験合格
    2012年12月 最高裁判所司法研修所(大阪地方裁判所配属) 修了
    2013年01月 ベリーベスト法律事務所 入所

  • プロフィール

    法律の勉強に専念し大学院を卒業後、ベリーベスト法律事務所に在籍して7年の弁護士です。個人から企業、医療分野の案件まで12分野の案件を取り扱っており、中でも交通事故案件については力を入れており被害者の方への対応を行っています。

ベリーベスト法律事務所の
事務所情報

所在地 兵庫県神戸市中央区京町69 三宮第一生命ビルディング12階
アクセス JR「三ノ宮駅」西口より徒歩10分
電話番号 0120-666-694
営業時間/定休日 10:00~19:00/土日定休
※夜間、土日の相談は要問い合わせ
出張相談の有無 あり(相談者が障害・疾病・高齢等の原因で移動困難な場合で
緊急性がある等、特に出張相談を実施すべき事情があると
認められる場合)

ベリーベスト法律事務所の
更新情報

  • 2020.03.17
    お知らせ
    神戸オフィスの所長インタビューを掲載しています。

まとめ

示談交渉は一度同意をしてしまうと、その後に金額や内容の変更ができないものとなっています。
提示された内容に不安を抱いている場合、まずは交通事故に詳しい弁護士への相談をおすすめします。
弁護士に依頼をすれば、適正な等級を得るための申請や、示談金額が増額できる可能性が高まります。
平日夜間・土日でも相談ができる、神戸市内の弁護士事務所を紹介しているのでチェックしてみてください。

平日夜間・土日の相談OK交通事故に対応する
神戸市内の弁護士事務所
アディーレ
法律事務所

交通事故の案件は後遺障害専任チームが対応

増額事例(11級)
倍率:3.6倍
弁護士依頼前後の金額変遷:
155万→560万

参照元:アディーレ法律事務所交通事故被害救済サイト(https://www.ko2jiko.com/case/327.html)

弁護士法人
リーセット

地元神戸で300件以上の交通事故相談実績あり※2020年5月時点

増額事例(11級)
倍率:4.8倍
弁護士依頼前後の金額変遷:
65万円→315万円

参照元:弁護士法人リーセット公式HP(https://kotsujico-leasset.com/resolution/jirei-11/)

ベリーベスト
法律事務所

重症者の依頼は医療コーディネーターがサポート

増額事例(11級)
倍率:4.1倍
弁護士依頼前後の金額変遷:
65万円→270万円

参照元:ベリーベスト法律事務所神戸オフィス公式HP(https://kobe.vbest.jp/cases/accident/8/)