公開日: |最終更新日時:

交通事故案件での弁護士の選び方

弁護士に依頼すると決めたものの、どこの事務所に頼めばいいのか迷ってしまう方も多いでしょう。このページでは、交通事故案件に強い弁護士を選ぶ基準を説明しています。

公式サイトに
経歴が掲載されているか

交通事故案件は弁護士案件の中でも特殊で、高度な知識と経験が求められます。

たとえば、過失割合や後遺障害認定、後遺障害に関する賠償金の算定などは、交通事故案件にしかない対応です。

そのため、交通事故被害で弁護士に依頼したいなら、その弁護士の交通事故案件を手掛けた経歴を確認しましょう。
具体的には「交通事故に関する過去の解決事例」や「賠償金増額に成功した実績」が公式サイトに掲載されているかどうかが判断材料になります。

コミュニケーションが
取りやすいか

公式サイトで調べて気になる事務所があったら、無料相談などを利用してまずは相談してみましょう。
その際、相手とスムーズにコミュニケーションがとれそうか確認することが重要です。

交通事故事件に限らず、弁護士に依頼する際は困りごとの状況を正確に伝えることが大切です。
しかし、弁護士が高圧的な態度だったり、こちらの話を聞いている様子が見られないような場合、依頼人はうまく状況を伝えられないかもしれません。

そのようなところに事件解決を依頼しても、後々に支障が出る確率が上がるだけ。
依頼者の心に寄り添い、スムーズなコミュニケーションを心がけてくれる弁護士を選びましょう。

交通事故についてわかりやすく
説明してくれているか

弁護士がわかりやすい言葉で、親身になって依頼者に説明してくれることも重要です。

弁護士の中には、知識をひけらかすかのように法律用語を並べて説明するような人も残念ながら存在します。交通事故関連でも「逸失利益(得べかりし利益)」「後遺障害」といった、一般人の知らない用語が多くあります。

しかし、案件において被害者と弁護士が一心同体になって臨まなければ、欲しい結果を勝ち取ることはできません。

被害者を置いてけぼりにするような説明をする弁護士は避けるのが無難です。他の弁護士事務所を探しましょう。

弁護士の情報と相性を
依頼前によく確認して

弁護士ならどこの事務所でも同じ、というわけではありません。弁護士にも個性や強み・弱みがあり、過去の経験も経歴も一人ずつ異なります。

サイトに掲載されている情報を確認し、実際に相談をしてコミュニケーションをとり、一緒に戦ってくれそうな信頼できる弁護士を選ぶことが大切です。

まずは、実績の記載があり、かつ相談無料の弁護士事務所に相談してみるのが良いでしょう。

依頼を避けた方がよい弁護士の特徴

相場よりも高額な弁護士費用を請求

弁護士費用に関して特別な条件や規定などはありません。しかし、相場を超える高すぎる費用を請求するのは、弁護士のモラルという点で懸念を抱く要素です。一般的に着手金がある場合の成功報酬は、利益に対して10~20%程度(※)と言われています。

また、弁護士費用が相場より少し高いからといって、質が良いという訳でもありません。弁護士の質は費用だけでなく、実績や相談した際の雰囲気や態度、どれだけ親身になって対応してくれるかといった点などで判断しましょう。

(※)参照元:交通事故弁護士ナビ(https://jico-pro.com/columns/220/)

一般の方に伝わる説明ができない・しない

弁護士は法律や示談に関する、専門的な知識や技術を豊富に持ち合わせています。しかし、依頼者である私達一般人は、法律に関する知識はもとより専門用語1つとっても詳細に語るのが難しいかと思います。

そこで依頼者と弁護士共に示談交渉へ向けて準備するためには、弁護士が依頼者へ親身になって対応する必要があります。具体的には、「依頼者が理解できるように分かりやすい言葉に直しながら説明する力」と「意識」です。

しかし、弁護士の中には、上から目線で依頼者と会話を行うケースや、専門的な用語で説明するケースもあるためこのような法律事務所は避けましょう。後からトラブルになる恐れもあり、リスクの高い選択になりかねません。

依頼者の話を聞かず喋る

弁護士は依頼者へ丁寧に示談交渉や、弁護士費用に関する説明を行うのが一般的です。また、非常に多くの解説を行ってくれる弁護士も、知識や実績を感じられる要素です。

しかし、依頼者の話を聞かず、喋り続けてしまう弁護士は親身な対応とはいえません。良い弁護士は依頼者の相談内容を聞き、不安感や疑問点を取り除いてくれます。

交通事故案件を取り扱ったことがない・少ない

弁護士が取り扱う問題は、遺産相続や債務整理、交通事故などさまざまです。そして得意分野や実績の豊富な分野は、弁護士によって異なります。

中でも、交通事故の示談交渉や賠償額の増額交渉といった案件を取り扱ったことのない弁護士には、依頼を避けましょう。

交通事故問題を取り扱ったことがない・実績が少ない弁護士では、交渉ノウハウや解決へ導く専門スキルのレベルが高い状態ではない可能性があるためです。広告のイメージや感覚で選ばず、法律事務所の実績も確認しながら検討することをおすすめします。

過去に不祥事を起こしたことがある

過去に懲戒処分の他、不祥事および事件を起こしたことのある弁護士には依頼を避けるのが賢明です。

もちろん個別に事情は異なります。しかし、依頼者にとって重要なポイントは、自身の交通事故に関する問題を適切に処理してくれる弁護士へ依頼することです。

弁護士懲戒処分検索センターと呼ばれるサイトでは、過去に不祥事を起こした弁護士について不祥事や処分内容、当時在籍していた法律事務所などの情報を確認できます。

平日夜間・土日の相談OK交通事故に対応する
神戸市内の弁護士事務所
アディーレ
法律事務所

交通事故の案件は後遺障害専任チームが対応

増額事例(11級)
倍率:3.6倍
弁護士依頼前後の金額変遷:
155万→560万

参照元:アディーレ法律事務所交通事故被害救済サイト(https://www.ko2jiko.com/case/327.html)

弁護士法人
リーセット

地元神戸で300件以上の交通事故相談実績あり※2020年5月時点

増額事例(11級)
倍率:4.8倍
弁護士依頼前後の金額変遷:
65万円→315万円

参照元:弁護士法人リーセット公式HP(https://kotsujico-leasset.com/resolution/jirei-11/)

ベリーベスト
法律事務所

重症者の依頼は医療コーディネーターがサポート

増額事例(11級)
倍率:4.1倍
弁護士依頼前後の金額変遷:
65万円→270万円

参照元:ベリーベスト法律事務所神戸オフィス公式HP(https://kobe.vbest.jp/cases/accident/8/)