公開日: |最終更新日時:

弁護士に依頼するメリット

「交通事故後のトラブルは弁護士に依頼したほうが良い」とはよく聞くものの、費用に見合ったメリットがあるのか分からない方も多いでしょう。

このページでは交通事故の交渉を弁護士に依頼するメリットを説明していています。

相手とのやり取りが
スムーズになる

交通事故に遭った場合、示談内容を中心に相手方との交渉が必要になります。
相手が善良で、保険会社も良心的な対応をしてくれればよいのですが、残念ながら加害者の中には交渉に一切応じようとしない不届き者も存在します。

しかしそうした加害者も、弁護士からの連絡がきた途端、交渉に応じるようになるケースがほとんどです。

つまりこちらが弁護士に依頼し覚悟を示すことで、交渉が難航していた相手でも対応してくれる確率がぐんと上がります。

賠償額が増額する可能性が高まる

保険会社は保険金を支払う側なので、賠償金の基準で最も低額の「自賠責基準」を元にした金額を提示してきます。

保険金の額は交渉次第で増額することができますが、保険会社はいわば交渉のプロです。法的知識のない一般人が対等にやり合うのは至難の業でしょう。

しかし弁護士が仲介すれば、保険会社も自賠責基準より高額の任意保険基準・弁護士基準(裁判所基準)での検討を余儀なくされます。その結果、高い確率で賠償金の増額が可能となります。

適切な治療を受けることができる

交通事故の被害に遭った場合、もちろん賠償請求も必要ですが、最も肝心なのはケガの治療に専念することです。

ところが事故後は煩雑な手続きや書類作成、交渉のための準備など、被害者側でも対応すべきことが多いもの。

弁護士に依頼すれば、それらすべてを一任できます。弁護士が手続きを進めてくれる間に、ケガの完治を目指して治療に集中しましょう。

法的に相手方に対抗できる

交通事故では双方の過失割合で、賠償金額が決定されます。ですが、実際には被害者の過失割合がゼロのケースはほとんどありません。

保険会社は支払う賠償金額を抑えるため、被害者側の過失を強く主張してくることもあります。過失割合は完全にケースバイケース、様々な要素を元に決定されるので、法的知識のない一般人が保険会社の主張に反論しても、なかなか望むような結果を得られません。

その点、法の番人である弁護士なら、必要書類の収集はもちろん、事故の検証などでも被害者側に有利な点を主張しつつ交渉してくれます。

弁護士を通すと
スムーズ対応&増額可能性up

このように、交通事故では弁護士を通したほうが交渉がスムーズですし、法的に太刀打ちでき、結果的に賠償金の増額も期待できます。
交通事故に遭ったら、その後の対応は弁護士に依頼するのが得策です。

平日夜間・土日の相談OK交通事故に対応する
神戸市内の弁護士事務所
アディーレ
法律事務所

交通事故の案件は後遺障害専任チームが対応

増額事例(11級)
倍率:3.6倍
弁護士依頼前後の金額変遷:
155万→560万

参照元:アディーレ法律事務所交通事故被害救済サイト(https://www.ko2jiko.com/case/327.html)

弁護士法人
リーセット

地元神戸で300件以上の交通事故相談実績あり※2020年5月時点

増額事例(11級)
倍率:4.8倍
弁護士依頼前後の金額変遷:
65万円→315万円

参照元:弁護士法人リーセット公式HP(https://kotsujico-leasset.com/resolution/jirei-11/)

ベリーベスト
法律事務所

重症者の依頼は医療コーディネーターがサポート

増額事例(11級)
倍率:4.1倍
弁護士依頼前後の金額変遷:
65万円→270万円

参照元:ベリーベスト法律事務所神戸オフィス公式HP(https://kobe.vbest.jp/cases/accident/8/)