公開日: |最終更新日時:

後遺障害12級と慰謝料の事例

後遺障害12級に認定された場合の賠償金目安と、慰謝料の事例をご紹介します。

12級で保険会社から提示される
一般的な金額

後遺障害等級12級の場合、損害賠償金の上限は224万円(後遺障害慰謝料93万円+逸失利益分)です。
※自賠責基準で計算した場合

12級の慰謝料は
弁護士を介して増額できる

しかし、全ての事故で賠償金が満額支払われるわけではありません。
後遺障害が認定されない、事故で負った傷の治療費なのに支払いに応じてもらえない、金額が不当と感じる(低すぎる)といったケースは残念ながら発生します。

そんなときは、弁護士に相談しましょう。法的知識を元にした交渉により、適切な賠償金額を引き出します(※すべてのケースで増額が見込めるわけではありません)。

実際の増額事例を見てみましょう。

12級の慰謝料増額事例

事例1:事故後の違和感を相談し、後遺障害獲得&賠償金増額

  • 弁護士依頼前の提示金額

    0円

  • 弁護士交渉後の金額

    1258万5038円

  • 増額金額

    1258万5038円(後遺障害慰謝料+250万円、逸失利益+707万6429円など)

怪我の内容と等級

  • 怪我の内容:前頭部打撲・頭がい骨骨折・頸椎捻挫(むち打ち)
  • 等級:併合12級

事故の内容

交差点をバイクで走行中、一時停止を無視して交差点に進入してきた乗用車に衝突され、前頭部打撲、頭がい骨骨折、頸椎捻挫(むち打ち)の重傷を負った。

相談内容

治療を続けていたが、いつしか事故前には感じられなかった症状にも悩まされるようになった。

事故が原因で症状が出たことになるので、後遺障害等級が認定されるのではないかと考えている。

そこで、後遺障害等級認定の手続きや今後どのような賠償を受けられるのかを含めて相談したい。

弁護士が対応した内容

後遺障害の等級認定申請を行った。
左手関節の機能障害については「1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの」として12級6号、頸部・左肩の痛みや指先・頸部のしびれなどについては「局部に神経症状を残すもの」として14級9号が認められ、併合12級の認定獲得。

その後保険会社との示談交渉を経て、入通院慰謝料については85万円、失利益は700万超、後遺障害慰謝料は250万を認めさせることに成功。

最終的に賠償総額1250万円以上で示談が成立した。

参照元:交通事故被害者救済サイト(https://www.ko2jiko.com/case/334.html)

事例2:運動能力の喪失年数を見直し増額

  • 弁護士依頼前の提示金額

    337万5163円

  • 弁護士交渉後の金額

    1076万5647円

  • 増額金額

    739万484円(逸失利益+370万484円、後遺症慰謝料+261万円など)

怪我の内容と等級

  • 怪我の内容:左手関節捻挫・左肩関節捻挫・腰椎椎間板損傷・頸椎椎間板損傷
  • 等級:併合12級

事故の内容

用車を運転中に赤信号で停止していたところ、後方から乗用車に追突され、頸椎椎間板損傷や腰椎椎間板損傷といった大けがを負った。

症状固定後も左腕にしびれや痛みが残ったため後遺障害の等級認定申請を行ったところ、「局部に頑固な神経症状を残すもの」として12級13号、「局部に神経症状を残すもの」として14級9号と判断され、併合12級が認められた。

相談内容

治療を行い、ようやく加害者側の保険会社から示談金額の提示がされたが、このまま示談に応じてよいのか疑問に感じた。

今後の流れやどのような賠償金を受け取ることができるのか、交通事故の被害に詳しい弁護士に相談したい。

弁護士が対応した内容

逸失利益は事業所得額をもとに算出して交渉を進め、当初3年で提示されていた運動能力の喪失年数を7年まで押上げ、約590万円を獲得することに成功。

後遺症慰謝料は260万円、入通院慰謝料は100万円以上の増額が認められ、最終的な賠償金総額1070万円超(当初の約3.2倍増額)で示談を成立させた。

参照元:交通事故被害者救済サイト(https://www.ko2jiko.com/case/312.html)

後遺障害の慰謝料増額は
弁護士に相談するのが得策

後遺症等級の慰謝料に関する交渉は、制度上は独力で行うことも可能です。しかし法的知識のない素人ではなかなか望むような結果は得られません。後遺症等級の慰謝料に関する交渉は弁護士に依頼しましょう。

平日夜間・土日の相談OK交通事故に対応する
神戸市内の弁護士事務所
アディーレ
法律事務所

交通事故の案件は後遺障害専任チームが対応

増額事例(11級)
倍率:3.6倍
弁護士依頼前後の金額変遷:
155万→560万

参照元:アディーレ法律事務所交通事故被害救済サイト(https://www.ko2jiko.com/case/327.html)

弁護士法人
リーセット

地元神戸で300件以上の交通事故相談実績あり※2020年5月時点

増額事例(11級)
倍率:4.8倍
弁護士依頼前後の金額変遷:
65万円→315万円

参照元:弁護士法人リーセット公式HP(https://kotsujico-leasset.com/resolution/jirei-11/)

ベリーベスト
法律事務所

重症者の依頼は医療コーディネーターがサポート

増額事例(11級)
倍率:4.1倍
弁護士依頼前後の金額変遷:
65万円→270万円

参照元:ベリーベスト法律事務所神戸オフィス公式HP(https://kobe.vbest.jp/cases/accident/8/)